Staff Blogスタッフブログ

【キリスト教式】牧師の役割について

プランナー日記

結婚式のスタイルで1番多いのが《 キリスト教式 》です。そんなキリスト教式に欠かせないのが牧師の存在。誓いをたてるおふたりの前にいる牧師を見たことがある人もきっと多いのではないでしょうか?今回は、牧師についてご紹介します!

*牧師ってどんな人?

牧師とはプロテスタントの聖職者です。カトリックとは違って、牧師はひとりの信徒ととして、一般の人と同じ立場の存在です。牧師は礼拝をおこなうことを重要な仕事として、説教することがメインになっています。

*なぜ《牧師》と言うの?

牧師と言われる由来は、聖書で神やキリストを羊飼い(牧者)に例えていたことから来ています。そこから、教会に定住して、信仰指導する者を牧師と呼ぶようになりました。

聖ペトロ教会の牧師

私たちは“何年経っても心に残り続ける挙式”であることを心掛けています。そんなかけがえのない時間になるために、実はこんな秘密があるんです…!

牧師との出会い

おふたりと牧師の初めての対面は、挙式の当日…ではなく、挙式の約1ヶ月前。そこでは、おふたりの出逢いから、結婚についてまで、色々なお話をします。こうして、挙式の前から牧師と関係を築いていくことで、自然とあたたかな空気感が生み出されます。

贈る言葉

そして、迎える挙式当日。おふたりが互いをパートナーに選んだ想い、家族への想い、そしておふたりがこれから夫婦になるにあたって大切にしてほしいことなど…牧師がおふたりに語りかけます。その言葉はきっとおふたりの心に残り続け、辛いことや壁にぶつかった時に、おふたりの力になってくれる言葉になることでしょう。

いかがでしょうか。ペトロ教会でおふたりにとってかけがえのない時間を過ごしてみませんか?

【挙式のみ限定】180年の歴史体感!奇跡の大聖堂*見学会

関連リンク

特別な日のための
トピックス

すべて見る