南蔵王・聖ペトロ教会

Facebook Instagram

Staff Blog
スタッフブログ

結婚式の服装マナー・ゲスト衣裳紹介
  • 2023.01.24

結婚式の服装マナー・ゲスト衣裳紹介

結婚式のご招待を受けたときに、『どんな格好で行ったらいい?』と悩まれる方も多いですよね?季節や結婚式場の雰囲気、新郎新婦との間柄などによっても選ぶ服装は変わってきます。そこで、結婚式に参列する際の衣裳に加えて、マナーやポイントもあわせてご紹介します。

 

1.衣裳の種類

モーニング・留袖

◆モーニング

結婚式の正礼装といえば、モーニング。一般的には新郎様やお父様がお召しになる衣裳です。ネクタイやベストまで黒と白で統一すると、最もベーシックな雰囲気となります。また、グレーのベストやネクタイの色合いも明るい部分があるとやわらかい印象になります。

 

◆留袖

結婚式では、お母様やご親族様が着用されることが多い留袖。留袖にも種類があり、黒い布地で作られたものは黒留袖と呼ばれ、日本のお祝いの席では最も格式が高いとされています。そして、黒以外の色は色留袖と呼び、主にご親族の方が着用されます。基本的に、黒留袖は既婚の方のみが着用となりますが、一方の色留袖は、近年では既婚・未婚問わず着用する方も増えています。

 

訪問着・振袖

◆訪問着

色留袖のように様々な色合いがある訪問着。しかし、裾のみ柄が入る留袖とは違い、胸や肩、袖などの上半身にも柄が描かれているのが訪問着の特徴です。華やかな場面に合う準礼装の一つで、未婚・既婚を問わずに着られます。

 

◆振袖

成人式などでおなじみの振袖。実は、袖の長さによって呼び方が変わってきます。成人式や結婚式への列席などの華やかな場で着用されるものは、一般的に中振袖と呼ばれ、未婚の方が着用される正礼装です。

 

ブラックスーツ・ダークスーツ

◆ブラックスーツ

格式の高い結婚式からカジュアルな結婚式まで着用できるのがブラックスーツ。ビジネススーツとの大きな違いは、使う生地です。礼服のブラックスーツは上質なウール生地が使用され、非常に濃く深い黒色をしています。

 

◆ダークスーツ

カジュアルな結婚式の場合は、ネイビーやグレーのダークスーツも選ばれます。中に着るベストはジャケットと同色が基本ですが、色を変えておしゃれな雰囲気を楽しむこともできます。尚、「平服でお越しください」と招待状に書いてあった場合は、ダークスーツを選ぶのがおすすめです。

 

ゲストドレス


結婚式にお呼ばれした女性ゲストの服装は、華やかなカラーとフォーマルなデザインが基本です。あまり派手なカラーではなく、淡いピンクやベージュ、ブルーなど上品な色が最適です。また、素材はレースやシフォンなどの柔らかい雰囲気がオススメです。ただし、スカートは膝上5cm~膝下の丈のものを意識しましょう。また、二の腕をカバーしたいときや、肌寒い季節ならばボレロやショールなどを羽織ってもOKです。

素敵な衣裳で大切な結婚式を迎えましょう!!

  • LINE
  • Facebook
  • Twitter

Contactお問合せ