Staff Blogスタッフブログ

【結婚式のスタイル】「披露宴だけ」で大切なこと

プランナー日記

一般的に結婚式とは、「挙式」+ 「披露宴」のことをいいます。しかし、必ずしも「挙式」「披露宴」を一緒に行わないといけないわけではありません。例えば、2つを別々の日程で行ったり、挙式のみ・披露宴のみ…という形をとられる方もいらっしゃいます。
今回はその中でも〈 披露宴のみの結婚式について 〉ご紹介します。

披露宴をおこなう意義とは?

新郎新婦のお披露目をする場

結婚式はおふたりの大切な方々が集まる場所です。中には、初めてお会いになる方もいらっしゃるはずです。そのような方々にきちんとおふたりのことをお披露目・ご紹介する場でもあります。ゲストもきっと、どんな人と結婚するんだろう、ご家族はどんな方のなのだろう、と気になっているはずです。これからお付き合いのあるご両家同士、親睦を深める大切な機会となります。
遠方ゲストへのお披露目はZOOMを使うのもおすすめです!

感謝の想いを伝えること

いつもとは違う特別な空間だからこそ、伝えられる想いがあります。この日を迎えることができたのは、たくさんの方の支えがあってこそです。素直にお気持ちを伝えることができる場でもあります。

*気をつけること

挙式についてをお伝えする

披露宴のみのご招待、と聞くと挙式のことが気になられると思います。一言、「挙式を行いません」や「挙式は親族のみで行います」など、挙式のご意向をお伝えになられると安心です。

【披露宴のみのプラン♪】

福山駅から聖ペトロ教会送迎付きで安心♪海外挙式後のパーティや、1.5次会におすすめです。

プラン一覧はこちらから

 

【ベストレート保証】ステンドグラス大聖堂×貸切邸宅×特選牛◆豪華100万円特典付フェア

 

関連リンク

特別な日のための
トピックス

すべて見る