Staff Blogスタッフブログ

【心に残る結婚式】マタニティ婚を挙げるために

プランナー日記

妊娠中の新婦さまの結婚式。それが、マタニティウエディングです。お腹の中の赤ちゃんと一緒だからこそ、より特別な1日になることでしょう。しかし「妊娠何ヶ月の結婚式がちょうどよいの?」「打ち合せが大変そう…」など、心配な事もあるはずです。今回は、マタニティウエディングについて、ご準備から当日を迎えるまでの流れをご紹介します。

マタニティ婚を選んだ理由

まだ、妊娠中に結婚式をあげるかどうか迷っている新婦さまもいらっしゃるかもしれません。では、実際に結婚式をした方がなぜ結婚式を挙げようと思ったのか理由は2つあります。

その① 産後は子育てが忙しくなるため

お子様が誕生した後に結婚式を検討され、子育てと結婚式の準備を並行された新婦さまもいらっしゃいますが、少しスケジュールハードになるかもしれません。そのため、ご出産の前に結婚式を考えられる方がいらっしゃいます。

その② ゲストに報告も兼ねて

おふたりをこれまで支えてくださった方々が一堂に会する機会だからこそ、報告がしやすいということもあります。おふたりのご結婚だけではなくて、お子様を授かったということで、ひときわ喜んでいただけることでしょう。

産婦人科医に相談しましょう

妊娠中に結婚式をおこなうために、まずは産婦人科医にご相談ください。何より新婦さまと赤ちゃんの体調が万全であることが1番なので、どのくらいが良いタイミングなのか、アドバイスをもらいましょう!

結婚式を行う最適な時期は【妊娠5ヶ月後半~7ヶ月前半】

妊娠中の新婦さまが結婚式をするタイミングとしてベストな時期は妊娠5ヶ月後半から7ヶ月前半と言われています。つわりの時期を終えて、安定期に入るので母子とともに体への負担が少ない時期です。結婚式をする時期が安定期の中で早め、もしくは遅めであるかによって気をつけるべき点が変わってきます。

早い時期(〜妊娠5ヶ月)

結婚式当日は安定期に入っていたとしても、準備期間はつわりの時期にさしかかります。ご体調に合わせて、打合せのスケジュールは調整していきますが、無理はなさらず新郎さまと協力して進めていきましょう!

遅い時期(妊娠7ヶ月〜)

準備期間も安定期に入っていることもあるので、早い時期よりも比較的準備も進めていきやすいかもしれません。お腹が大きくなっていくので、衣裳を選ぶ時は、1〜2サイズ大きいものか、お腹周りを締め付けないものを選びましょう。

当日までの準備スケジュール

* 3ヶ月前

式場ご決定の後、ご招待をするゲストをリストアップをしていきます。招待状を出す場合はデザインを決めて、発送の準備を進めていきます。

* 2ヶ月

打合せをした招待状を発送し、ドレスを決定します。身体に負担のかからないようドレスを選びましょう。聖ペトロ教会では専属のスタイリストが花嫁さまにピッタリの1着をお選びします。

* 1ヶ月前

招待状の返信ハガキが返ってきて、人数が決まります。必要なペーパーアイテムや引出物を注文したり、料理の打合せを行います。また、細かい演出や進行を確認します。当日急に体調が悪くなることもあるかもしれません。休憩をはさめるように、余裕を持ったスケジュールを組み立てていきます!

【最短2ヵ月でOK!】30名84万円~ パパ&ママ応援♪準備もお任せマタニティプラン

上記は一般的な打合せの流れですが、聖ペトロ教会では【最短2ヶ月】から結婚式をおこなうことができます。また、マタニティ婚限定の料金プランもございますので、詳細は、HP内【プラン】ページ をご覧ください♪

関連リンク

特別な日のための
トピックス

すべて見る