南蔵王・聖ペトロ教会

Facebook Instagram

Staff Blog
スタッフブログ

【まだまだ間に合う!】人気の春婚✿

【まだまだ間に合う!】人気の春婚✿

一年の中でも気候が良く、新しい門出にふさわしい春。 結婚式を行うシーズンとしてもぴったりで、人気のあまり一年先で日程を決める新郎新婦様もいらっしゃいます。 しかし、今からならまだ間に合います!今回はそんな ” 春 ” という季節感を取り入れた、” 春ならでは ” ” 春だからこそ ” のご結婚式をご紹介します。

*結婚式に彩りを

テーブル装花

会場の雰囲気を決める会場装花。春らしく、ベビーピンクやオフホワイト、クリームイエロー、薄紫など、淡い色のパステルカラーでまとめると、優しくやわらかな雰囲気になります。アクセントにグリーンを入れると、よりまとまり感が出てきます。

例えば、同じピンクでも色のトーンによって、装花の表情は変わります。ふんわりかわいく仕上げるなら、淡いピンクでまとめるのがおすすめ。 少し濃いめのピンクを加えると、より華やかな雰囲気になります。 一方、 少し大人っぽく落ち着いた印象にする場合は、くすんだ色味が特徴のスモーキーピンクや、オレンジがかったサーモンピンクが人気ですよ。

グッズ・アイテム

ゲストの方をお出迎えするウェルカムスペースや、大切な指輪を運ぶリングピローにもお花を取り入れることで、春の要素をプラス。ゲストの皆様にも春を感じてもらえるような小物選びも重要なポイントです。

*春をまとって

春色のカラードレス

パステルカラーなど明るい色のドレスを着ると、まるで春をまとったかのような雰囲気に! さらに、ドレスの素材をチュールなど透け感のある素材にすると、春らしい印象になります。

春先の着こなし

寒さの残る春の始めなら、さりげない防寒対策として、袖ありのドレスハイネックタイプのドレスもおすすめです。素材をチュールやレースにすることで、露出は控えめでも、軽やかな印象になりますよ♪

*バルーンに願いを込めて

バルーンリリース

挙式のあと、新郎新婦とゲストが一斉に空に向かって風船を飛ばすバルーンリリース。気候が安定している春の結婚式で、人気の演出の一つです。
空高く舞い上がるバルーンは、新婚生活を迎える新郎新婦さまの幸せが天高くまで届くようにとの意味が込められています。舞い上がる多くのバルーンを楽しむことができ、美しい思い出にもなりますよ。

シャンパンオープン

勢い良くポンッ!と鳴る祝砲がパーティの始まりの合図に。そんなシャンパンオープンには、ふたりで一緒に栓を開けることで、ふたり一緒の未来を拓くという意味が込められています。ゲストの方にもご参加いただく場合は、直前まで秘密にしておくと、サプライズにもなります!

理想の結婚式に向けて

春に限らず、四季折々のテーマや、おふたりの趣味・好きなものを取り入れた、おふたりにとって一番ベストな結婚式をぜひ叶えてみませんか?
私たちならどんな結婚式になるんだろう…。好きなものや趣味をどう取り入れたらいいんだろう…。聖ペトロ教会では、そんなおふたりに寄り添い、想いを汲みとり、一緒にカタチにしていきます。
きっと世界に一つしかないオリジナルの結婚式が見つかるはずですよ♪

【限定開催】絶品試食&パーティ直前の会場見学!リアル体験フェア

  • LINE
  • Facebook
  • Twitter

Contactお問合せ