Topics特別な日のためのトピックス

素敵なジンクス《サムシングフォー》のその先にあるのは・・・?

結婚式の豆知識

結婚式には、さまざまなジンクスがあります。

結婚式には長い歴史があり、
その歴史の中でたくさんのジンクスが誕生しました。

ジンクスを知ることで、
結婚式により深みを持たせることもできますので
ご参考にお読みになってみてくださいね。

本日のコラムは、その中の一つ “サムシング・フォー”を
ご紹介します。

サムシング・フォー(Something Four)

サムシングフォーとは、およそ200年も前からある
欧米発祥の幸せを願うおまじないです。

「何か青いもの」「何か古いもの」
「何か新しいもの」「何か借りたもの」

この4つのものを花嫁が身につけることにより、
永遠の幸せがもたらされるといわれています。

この4つのものを総称してサムシング・フォーと言います。

 

①サムシング・ブルー(Something Blue)

新婦の純潔や貞節を象徴します。

青は聖母マリアを表す清らかな色とされ、
白色が花嫁衣装の定番になる前のウェディングカラーでした。

青色のアイテムを隠れたところに身につけることで
夫に対する忠誠を表します。

指輪の内側に青い宝石をはめこんだり
ブーケの中にブルーの色を取り入れることもお勧めです。

②サムシング・オールド(Something Old)

新婦の先祖から続く幸せや富を象徴することから、
幸福な結婚生活が長く続くためのお守り
という意味を持ちます。

例えば、お母様やお祖母様がお持ちのパールを譲ってもらって
ウエディングドレスの時に着用することも素敵ですね。

③サムシング・ニュー(Something New)

これから始まる新生活の象徴です。

新たな気持ちで結婚生活を迎える意味をこめて、
白色のアイテムを新調することが一般的です。

結婚式で身に付けるベール、 インナーなどを新調して身につけましょう。

④サムシング・ボロー(Something Borrow)

幸せな結婚生活を送る友人や隣人の持ち物を借りることで、
その幸せにあやかるという意味があります。

繋がりや絆を感じる素敵な風習ですね。
身につけるもの以外では、結婚式で使用したグッズを借りる方も増えているようです。

 

サムシングフォーには、更に続きが・・・!?

そして、あまり知られていないのが、
このサムシングフォーに続きがあるということ。

「サムシング・フォー」は、もともとは欧州の
「マザーグース」の歌に由来します。

♪なにかひとつ古いもの、なにかひとつ新しいもの
♪なにかひとつ借りたもの、なにかひとつ青いもの

♪そして靴の中には6ペンス銀貨を

このように、サムシング・フォーの由来となった歌の最後の歌詞の
”そして靴の中には6ペンス銀貨を”にも、 幸せな結婚のジンクスがあります。

それは「花嫁の左靴の中に6ペンス銀貨を入れて結婚式を挙げると
豊かで幸せな結婚生活を送ることができる」というものです。

サムシングフォーに加えて、6ペンスコインを・・・

こんな素敵なジンクスを結婚式のこだわりの一つに取り入れても素敵ですね。

 

福山の結婚式をもっと楽しく感動的に!
人気のチャペル式結婚式場 聖ペトロ教会