Topics特別な日のためのトピックス

火災から1年の時を経て

聖ペトロ教会より

南蔵王・聖ペトロ教会でご結婚式をご検討いただいている皆様、
また、ご結婚式を挙げてくださった方、ご利用いただいた皆様へ。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、2019年2月18日に、南蔵王・聖ペトロ教会敷地内にございます披露宴会場より火災が発生致しました。
その際、たいへんなご迷惑・ご心配をおかけした皆様にお詫び申し上げますと共に、多くの方々からのお励まし・お力添えを頂戴したことに心より感謝致します。
あの日から今日までの11ヶ月間は、そんな皆様のお心に沿い、応えたいという一心で夢中に駆け抜けた日々でした。

そして今、私たちの目の前には、全く新しく生まれ変わった新パーティ会場 “フェアリーコート” と “エターナルハウス” があります。こうして、無事完成した会場を皆様にお披露目できるようになり、ようやく少しあの時を振り返る余裕が出来たように思います。

一瞬の出来事で、私たちですら現実を把握出来ていなかった火災翌日…
まだ閉じられたアイアンゲートに張り付くように聖堂を見つめ、涙されるご夫妻の姿がそこにはありました。
おふたりに駆け寄りお話をお伺いすると、20年以上前に聖ペトロ教会で挙式をされ、昨夜のニュースで火災をお知りになり、朝までずっと心配で、居ても立っても居られず駆けつけてくださったそうです。

「良かった!私たちの “聖堂” が無事だった!」

そうおしゃって安堵されたご夫妻を、全く無傷の “思い出の聖堂” にご案内し、暫しの温かい時を過ごさせて頂きました。
その後も、思いもかけぬほど多くの方々、特に聖ペトロ教会から巣立たれたご夫妻の皆様から、心のこもった励ましのお言葉・お手紙・お見舞いを頂戴いたしました。
更に、予定をされていた結婚式をお受け出来なくなったお客様の半数以上の方から、「再建を待ちます!」「聖ペトロ教会で、私たちはお式を挙げたいんです!」とおっしゃって頂いたことには、スタッフ一同本当に涙が出るほど感動しました。

1839年アイルランドで建立された聖堂が、難局を乗り越え何一つ変わらず厳然と立ち続け、繋いでくれた絆は、何物にも代えがたく、私たちの心の奥底に勇気を与えてくれました。ご迷惑をお掛けした皆様へは申し訳ないのですが、その時「私たちは守られている!支えられている!」という思いが実感としてこみ上げてきたことは、今でも忘れられません。

そして2020年、再び私たちは動き始めます。
火事を起こしたからこそ細部まで行き届く安心・安全な施設づくり、またスタッフ教育をベースに、多くのお客様から頂いた「こんな結婚式、初めて!」という、どこよりも楽しく、心に刻み込まれる結婚式を行ってゆきます。
南蔵王・聖ペトロ教会は、いつでも「おかえりなさい!」と皆様をお迎えできる、約束の地 “エターナルガーデン” として、この場所にあり続けます。
どうぞ、宜しくお願い申し上げます。
ご迷惑をおかけした皆様には、改めてお詫び申し上げます。

 

2020年  1月 18日
南蔵王・聖ペトロ教会 スタッフ一同

 


「新会場完成後、支えてくださった皆様をお招きした 感謝の食事会 Part 1 」

 

 

リニューアルオープン後 ご結婚式を挙げられたお客様からの声

【新会場完成】新郎新婦様 リアルボイス