Party Report挙式・パーティレポート

晟嬉 様 ・ 真央 様
森の中のフェアリーエンジェル ~枯れた白い薔薇に想いを込めて~

2019年1月 光の邸宅 フェアリーコート

木々に囲まれていた聖堂がとても綺麗で、披露宴会場も含めて真央さんの思い描く結婚式「 天使と妖精がいるような森の中の結婚式 」イメージにピッタリだった聖ペトロ教会。他の会場も見てみようと言ったけれど、一目惚れした聖ペトロ教会に、見学したその日に決められたおふたり。

フェアリーライトを使った会場装花、こだわって選んだドレス、妖精が佇んでいるような雰囲気になるようにメインはソファーに。

 

 真央さんの想いが形になり始めたある日、晟嬉さんからお聞きしたサプライズの相談!どんな打合せをしても、隣で「好きなようにしたらいいよ」と、真央さんが納得するようにサポートしてくれていた晟嬉さんからの相談に、「是非やりましょう!」と即答。真央さんに内緒のサプライズ作戦が進んでいきました。

幼なじみのふたりは出会って20年以上が経ち、お互いのゲストもよく知っている間柄。「ふたりなら」と結婚を喜んでくれた周りの人たちと全員で行った、ウエディングケーキのデコレーションや、キャンドルリレー。

全員で出来る演出の最後の一つは、晟嬉さんのサプライズを全員で応援すること!思いを重ねた歌と、真央さんの思入れのある1本の花を贈られました。そして全員からは祝福の思いを込めたピンク色の薔薇。涙が溢れてくる真央さん。

 

薔薇は、その状態によって花言葉が変わるのを皆さんはご存じですか?

晟嬉さんから贈られたその花は、「枯れた白い薔薇」
花言葉は…

「一生を誓う」

 

〜新郎新婦様から〜

サプライズも成功し、ゲストにも2人っぽい結婚式でとても良かったと言ってもらえた。ペトロで挙式が出来て本当に良かったです。山下さんやシェフ、スタッフの方ありがとうございました!

最後の場面で、歌と花束を打ち合わせを山下さんとしていたことが感動し、まさかここまでしてくれているなんて思わなかった。スタッフ皆様が温かく私たちにあった式場だったので、ペトロ教会で挙げてとても良かったです。