Party Report挙式・パーティレポート

裕貴 様・朋美 様
【 Gift Box Wedding – ギフトボックスに感謝を込めて – 】

2019年2月 光の邸宅 フェアリーコート

神石高原でトマト農家を営む裕貴さんと朋美さん。おふたりは、これまで支えてくださった沢山の方へ、結婚式という特別な日だからこそ伝えたい思いがありました。それは、トマトの花言葉でもある“感謝”。バレンタインデーも間近ということもあり、ギフトボックスをテーマに加え【 Gift Box Wedding – ギフトボックスに感謝を込めて – 】の準備が始まりました。

実は、元々式場やホテルでサービススタッフとして働いていて、そこで出会われたおふたり。自分たちらしくおもてなしをしたいという思いから、パーティの始まりは、サービススタッフの姿でサプライズ登場!おふたり自らゲストに料理を振る舞ってスタートしました。

テーブル装飾には感謝を伝える花束風にアレンジした装花、ボックス型の席札メニュー、ギフトボックスに入って登場したウエディングケーキにはドライトマトを飾り付け。

会場には、大小様々なギフトボックスが隠れており、パーティの最後にはゲスト全員で“牛のフィギア”が入っているギフトボックスを探し当てる「宝探しゲーム」を行いました。見事見つけられた方には、「大好きな神石をみんなに知ってもらいたい!」と準備された景品、“神石牛”のプレゼント。テーマに合わせて最後までゲストが楽しめる工夫がいっぱいのパーティでしたね。

初めて2人で訪れた時、夜になると輝くイルミネーションや、柔らかな光が注ぎこむ聖堂のステンドグラス、森のような雰囲気の中にきちんと手入れされた花たちが、歓迎してくれているような、そんな気持ちになったことが、この場所を選んでくださったおふたりの理由。

そして、何よりも朋美さんがサービススタッフとしてずっと近くで見てきた、聖ペトロ教会の結婚式。だからこそ、一緒に働いてきた全てのスタッフやプランナーの気遣い、行き届いたサービスで「他の会場では出来ないことが出来る」、そう思って全てに信頼を置いてくれて任せて下さったからこそ叶ったGift Box Weddingでした。

〜新郎新婦様から〜

皆さんに感謝を伝えられ、これからも二人で歩んでいこうというけじめがついた、楽しい一日だった。最後のサプライズは思いもよらぬことで感動しました。ペトロで式を挙げて本当に良かったです。両親にも「皆さんによくしてもらえてよかったね」と言ってもらえました。楽しい一日を過ごすことが出来、ペトロ教会で結婚式を挙げて本当に良かったです。

特別な日のための
トピックス

すべて見る