Party Report挙式・パーティレポート

凌希 様・亜紀子 様
【 Art - 記憶に刻む一日 – 】

2021年5月 光の邸宅 フェアリーコート

デザイン画を描くことが好きな凌希さんと、お仕事柄手作りが得意な亜紀子さん。ふたりが創るアート、ゲストと共に創るアート。いつでもその作品を見ればこの日の感動を思い返せるように・・・。この思いが込められたのが【 Art - 記憶に刻む一日 – 】

待合スペースには、凌希さんが描いたウェルカムボードや、亜紀子さんが手掛けたフラワーカーテンでフォトブースをつくったり、絵本の読み聞かせ風のDVDの上映。そして、ゲストの皆様と創る人前式用の承認キャンバスボード “ブラシストローク” では、皆様に一線ずつ描いて頂き、挙式中にふたりが筆でサインされ、完成しました。また、席札のスタンドは、ゲストの方の似顔絵コルクも手作りされるほどこだわり、おふたりのゲストの皆さまを楽しませたい!思う気持ちがしっかり伝わってきました。

パーティ中は、ご友人によるお笑い対決や、凌希さんも巻き込んでのダンス、そして表彰式と、会場全体はとても盛り上がりました。他にも亜紀子さんのご友人によるムービーやサプライズのプレゼントもあり、亜紀子さんとご友人との絆が伝わる瞬間でした。おふたりの “ふたりらしく、ゲストの皆さんに楽しんでもらいたい” という気持ちをいろんな場面で感じられる笑いあり涙ありの素敵な結婚式になりましたね。

 

〜新郎新婦様から〜

招待状やウェルカムボード、席札、動画もすべて自分たちの好きな色・デザインで満載にしました。ゲストの皆さんに手伝ってもらったキャンバスボードも上手くいって良かったです。チャペルや披露宴会場もきれいで素敵でしたし、料理もおいしかったです。当日を迎えるまでずっと雨予報でしたが、当日は晴れて、外のガーデンにフラワーカーテンを設置出来たことも嬉しかったです。コロナ禍だったので、当日まで不安でしたが、周りの友人・親族からも、温かい言葉をもらい、とっても幸せな気持ちになれました。最後の皆からのサプライズ手紙も嬉しかったです!!本当にありがとうございました。

特別な日のための
トピックス

すべて見る