Staff Blogスタッフブログ

【日本伝統の挙式】神前式について

プランナー日記

日本の伝統の挙式のスタイル、いわゆる和婚とされるのが《神前式》です。主には、親族を中心に行い、「両家の絆を深める」儀式とされています。
今回は神前式の一日についてご紹介します!

神前式について

*衣裳について

新郎様は「紋付袴」
新婦様は「白無垢」「色打掛」「本振袖」

*神社で行う挙式

古来日本では、各家の床の間に祀られた神様の前、結婚の儀式をおこなっていました。それが、明治時代以降は神社での神前式へと変わっていったといわれます。

儀式の内容

*誓詞奉読(せいしほうどく)

誓いの詞(ことば)を神様の前で読み上げます

*玉串拝礼

神と人をつなぐ「玉串」を神前にお供えします

*親族固めの盃の儀

列席者が盃でお神酒をのみ、「親族同士のつながり」を固めます

挙式の後は…?

*写真撮影

神社を背景に思い出に残るお写真を撮りましょう!

*家族で楽しむお食事会♪

柔らかな自然光に包まれた森の邸宅~エターナルハウス~

聖ペトロ教会で家族だけのお食事会を行うことができます。神社とはまた違った、和やかな会場でお食事を楽しむことができます。
《少人数限定会場》があるペトロ教会だからこそ、ご家族にリラックスして過ごして頂けます。

*ご友人会社関係のみなさんも参加のパーティ

パーティ前から盛り上がる《仕掛け》があります…☆

お世話になったご友人や会社関係の皆様もパーティからご招待しましょう。招待状に《神前式を行う旨》を記入していれば、パーティからのご参加も戸惑われないでしょう。

「神前式をやってみたい!」
そんなおふたりにピッタリのブライダルフェア

神社での挙式のみ、お食事会も一緒になど…ご希望のスタイルによってご案内致します。ご試食やご試着もできる盛りだくさんのフェアです♪

【和×洋】伝統の神前式&パーティ*懐石フレンチ試食付き相談会

関連リンク

特別な日のための
トピックス

すべて見る