Staff Blogスタッフブログ

【プレ花嫁必見】カラードレスに合うブーケの法則

プランナー日記

花嫁様の憧れといえば、ウエディングドレスを着ることではないでしょうか。衣裳にこだわりをお持ちの花嫁様の中には、「純白のウェディングドレスだけではなくて、カラードレスも楽しみ」という方もいらっしゃるはず…!実は、花嫁様をさらに美しく魅せるために欠かせないのが、〈ブーケ〉の存在です。今回は、カラードレスにどんなブーケを選ぶとよいのか、選び方のポイントをご紹介します♪

1. カラー選びのポイント

その① グラデーションにする

まずは、ブーケとドレスのカラーを同じ系統の色でまとめます。濃淡を変えてグラデーションにすると、ドレスとブーケの相性は抜群です。例えば黄色とオレンジ、赤とピンクのように同系統の色を組み合わせてみましょう!

* ピンク

* オレンジ

* パープル

* グリーン

★ワンポイントアレンジ★

ドレスとのグラデーションブーケに白や緑を追加すると、自然な雰囲気になります。パーティの雰囲気やテーマに合わせて変えていきましょう。

その② アクセントを意識して

ドレスとブーケを全く別の色にする組み合わせです。あえてドレスとは別の色合いにすることで、両者の存在感を引き立たせます。

* ブラックホワイトのシックなドレス × 真っ赤なバラ

モノトーンカラーのドレスに組み合わせたのは、なんと真っ赤なバラのブーケ!際立った赤がポイントになって、花嫁様の雰囲気を引き締めてくれる効果があります。

その③ テーマに合わせて

パーティのテーマに合わせてドレスの色やブーケの色を決めていきます。

* グレードレス × くすみカラーブーケ

こちらのおふたりは【アンティーク】がテーマだったので、全体的に落ち着きめのカラーを選択。一見タイプの違う色を選んでいるようですが、テーマを意識しているので非常に相性の良い組み合わせです♪

2.デザイン選びのポイント

ブーケのカラーと同じくらい欠かせないのが、ブーケのデザインです。デザインを変えるだけで、同じ色のブーケであっても、印象は大きく変わってきます。

* ラウンド

丸いドーム型のブーケです。結婚式のブーケで定番のデザインでもあります。花々が集まっていて華やかなブーケです。どんなタイプのドレスにも似合う形です。

* クラッチ

クラッチタイプとは、摘んだままを束ねたようなブーケタイプ。茎を見せるのが特徴で、自然な雰囲気になります。選ぶ花材によって大人っぽくなったり、可愛らしくなったりするので、ブーケのタイプの中では最も幅広いデザインがあると言われています。

* リストレット

最近人気なのがこのリストレットタイプ。手持ブーケより手軽で、手を使う演出時にいちいちブーケを預ける必要がないので、常に手元を美しく飾ることができます。お写真映えもばっちりです☆

こんなブーケを持ちたい!というイメージはしていただけましたか?ブーケの選び方ひとつで、ドレスや花嫁様の印象も変わってくるので、パーティのコンセプトやおふたりの雰囲気にぴったりのブーケを考えましょう!

またカラードレスだけではなく、ウェディングドレス用のブーケについてもHP内にご紹介しております。ぜひご覧ください♪

【プレ花嫁様必見】ウエディングドレスに似合うブーケアレンジ

関連リンク